合成と進化

同じカードで編成したデッキでも攻撃力や覚醒スキルの効力が大きく異なる場合があります。これは運命のクランバトルでは各カードにレベルが設けられており、同じカードでもレベルが高いほど攻撃力や防御力が高いためです。


カードのレベルは合成で強化せよ

運命のクランバトルではカードのレベルはプレイヤーのレベルと異なり、冒険を繰り返すことではあがりません。カードのレベルをあげる為には「合成」の画面から行う「強化」によってのみあげる事ができます。(⇒⇒⇒【運命のクランバトル】攻略と裏ワザ集)強化合成の手順はまずベースとなるカードを選択します。次に素材となるカードを最大で10枚選択します。合成には枚数やベースのレベルに応じたお金が必要になる他、今現在デッキで利用しているカードは合成の素材として選択する事ができません。そして素材として選択したカードは消失しますが、ベースにしたカードは経験値を得る事ができます。また素材にしたカードが覚醒スキルを持ったカードの場合、稀にベースの覚醒スキルレベルがあがることがあります。また素材とするモンスターは同じ属性のカードだとより多くの経験値をベースカードに与える事が可能です。


大進化を目指してカードを進化させよう

また合成には強化以外にもう一つ、進化合成が存在します。運命のクランバトルではカードは基本的に全3進化の4段階用意されています。また最終進化である「大進化」を迎えるとカードの表記レアリティが一階層あがります。たとえば「N」→「N+」→「N++」→「HN」といった具合に進化の度にレアリティがあがります。また進化にはベースとなるカードと同じカードが素材として必要になります。進化ではベースと素材それぞれの攻守力の5%が進化後のステータスに引き継がれます。またベースや素材のレベルが最大の状態で進化した場合のみステータスは10%進化後に引き継がれるので、より強力なカードに仕上げる事ができます。またカードは基本4段階となっていますが招待カードなど中には8段階まで進化するようなカードも存在します。


運命のクランバトルを登り詰めるには

運命のクランバトルでは最初のうちは割と後でまた再入手が可能なカードばかりなので、気にせず進化させてデッキを強化するのがいいと思います。しかしもし高レアリティの再入手が難しいようなカードを引いたときはレベルを最大までカンストさせてから進化させるように気を付ける事で、最終的には非常に強力なカードとなります。ただ、カード毎に実は強化できる限界があるようで、その限界値は凡そ大進化直前のベースと素材をカンストにさせる事で得られる能力分だそうです。故に大進化前だけカンストさせてしまえば、うっかりレアカードを早々に進化させてしまった人でも安心です。またレベル最大の状態で進化すると、図鑑にカンストボーナスとしてその事が記録され、冒険Pの回復速度が上昇する効果もあるようです。その為NやHNといったカードは大進化直前だけカンストさせて一度は進化させる事で冒険P回復速度をあげて、よりクランバトルにMP回復要因などとして活躍することが可能です。

⇒⇒⇒スキルと覚醒